LONOCHROME.com

Photography×Life

藤竜也が歌うオリジナルの「横浜ホンキートンク・ブルース」もかっこいいぜ

f:id:le-ono:20180113143146j:image

 

往復の通勤には大概Radikoを聴くのだけれど、先日のTBSラジオの竹中直人「月夜の蟹」も良かった。ゲストは俳優の藤竜也さんだった。

藤竜也さんは名曲「横浜ホンキートンク・ブルース」の作詞者でもあり、その当時のエピソードも話されていた。僕は松田優作さんの歌う「横浜ホンキートンク・ブルース」をカラオケでよく物真似で歌うくらい好き。

おそらくCD化されていないと思われる藤さん本人が歌うレアな「横浜ホンキートンク・ブルース」も聴けてうれしい。確かにオリジナルバージョンのほうが本当の意味でホンキートンクな感じだった。

「例えばブルースなんて聴きたい夜は・・・」という歌詞があるのだけど、元々は「例えばトム・ウェイツなんか聴きたい夜は・・・」という歌詞だったのだが、語呂が悪いので原田芳雄さんが歌うときに変えたという事だった。

この衝撃の事実を知って物凄く驚いた。僕が一番好きなミュージシャンはトム・ウェイツその人なのだ。こういう点と点が繋がった瞬間は何とも言えない感覚が過ぎる。

藤さんの話す口調はとても穏やかで優しい感じがした。年下の竹中さんやアシスタントのアナウンサーにもキチンと敬語で話されていた。それがとても恰好良かった。

 

原田芳雄“BLUE”/横浜ホンキー・トンク・ブルース

原田芳雄“BLUE”/横浜ホンキー・トンク・ブルース

  • アーティスト: 原田芳雄,藤竜也,阿木燿子,篠塚満由美,芝紀美子,宇崎竜童,サッキング・ルージュ,D.T.F.B.W.B.,山本幸三郎
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1990/07/18
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る