旅するように撮りつづけよう

いつもカメラをポケットに!

【一生物】を本当に一生使いますか

《一生物》という言葉に弱い人は男性にも女性にも多いだろう。私もかつてはそんな一人で、時計やブーツ、革ジャン、バッグなどを数点買ったこともあったが今は全て手放してしまった。

一生物と呼ばれるものは、総じて高額であることが多く、品質もとても良い。確かに数十年は余裕で使えそうだ。しかし人間というのは飽きる生き物だ。

買ったその時が最高に嬉しい瞬間で、だんだんとその気持ちは下がってくる。そしてすぐに別の一生物が欲しくなる。

また一生物というのは壊れないという訳ではなく、壊れても直せるという意味合いもある。直し直し長く使っていくという考え方だ。

高額な物はもちろん修理代も高い。少し無理をして買った物だった場合、修理する金がないという事にも成りかねない。

一点豪華主義を逆に格好悪く感じてしまうのは、私だけだろうか。

背伸びせずに、身の丈に合った物を買って使うのが一番良いのだ。その辺のスーパーで買った物も、気が付くと長く使っている物もある。

一生物だから長く使えるのではなく、長く使った物だけを一生物を呼べるのだろう。

溢れる情報に流されることなく、自分だけの一生物にすればいい。

f:id:le-ono:20171205083523j:plain