ドナドナの朝

f:id:le-ono:20180909201150j:plain

 

昨日、横断歩道で信号待ちをしていると、目の前を小型トラックが走っていった。薄暗い荷台の中に目を凝らすと一頭の子牛が見えた。どこへ連れていかれるのかは分からないが、普段牛肉を旨い旨いと食べている自分がなんとなく恥ずかしくなった。昨日がいい肉の日だったことは関係のないことだろう。